ストレス、病気…様々なうつ病の原因と症状

メンタルヘルスに役立つ記事一覧

近年、患者数が著しく増えている精神疾患・うつ病。厚生労働省の平成23年度の調査によると、約320万人いる精神疾患患者のトップは、95.8万人のうつ病(気分[感情]障害などを含む)患者グループでした。 今回はうつ病の基本について考えてみましょう。

うつ病の種類と特徴

要因や症状が一人一人異なるため、うつ病は一言で説明するのは大変難しい病気です。エネルギーの欠乏により脳の機能低下がおこり、心理的・身体的症状がでます。

以下、4つの分類をみてみましょう。

1.症状の現れ方

単極性うつ病:うつ状態だけが起こるもの

双極性うつ病:うつ状態と躁状態の両方が起こるもの

2.重症度

「軽症」:仕事や日常生活、他人とのコミュニケーションに生じる障害はわずかで 周囲も気が付かないことが多いレベル

「中等症」:「軽症」と「重症」の中間

「重症」:仕事や日常生活、他人とのコミュニケーションが明らかに困難なレベル

3.初発か再発か

「単一性」「反復性」かという分類。

「反復性」の場合は再発防止対応が重要

4.特徴的な病型

 

■「メランコリー型」

過度のストレスにさらされることで脳のエネルギーが枯渇してしまう、典型的なうつ病といわれることの多いタイプ。

  • 良いことがあっても気分が晴れない
  • 食欲不振や体重減少
  • 朝方の気分の落ち込む
  • 早朝に目が覚める(通常の2時間以上前)
  • 過度な罪悪感

 

■「非定型」

  • 「メランコリー型」と異なり、良いことに対しては気分がよくなる
  • 過食傾向、体重増加
  • 過眠
  • ひどい倦怠感
  • 他人からの批判に過敏

 

■「季節型」

「反復性」の一種。 特定の季節にうつ病を発症し、季節の移り変わりとともに回復。

有名な冬季うつ病は日照時間との関係が指摘されている。

■「産後」

産後4週以内に発症するうつ病。

ホルモンの変化、分娩の疲労、子育て不安、授乳や夜泣きによる睡眠不足などが影響。

うつ病の要因

うつ病

1.「環境要因」

身の回りに起こる大きな環境の変化。

家族や親しい友人との死別や離別、大切なものの喪失(仕事、財産、健康など)、人間関係のトラブル、家庭内のトラブル、職場や家庭での役割変化(昇格、降格、結婚、妊娠など)。

2.「性格傾向」

 

 a) 執着性格

仕事熱心、凝り性、完璧主義、正直、几帳面。 正義感や責任感が人一倍強い。周囲から信頼される優等生タイプ。反面、まじめすぎて融通がきかない。 頑張りすぎる性格ゆえに燃え尽きてしまうことも。

 b) メランコリー親和型性格

執着性格と同様、生真面目。人と争うのを好まず、義理がたく、調和を重んじる。

人からの頼みは断れず、人に気をつかいすぎてストレスを溜め込みやすい。

c) 循環気質

躁うつ病の人に多いとされる性格。基本的性格は、社交的、善良、親切。

加えて、活発で陽気な気質がある場合には躁に、物静かで柔和な気質がみられる場合にはうつに傾きやすいとされている。

d) 自己愛性格

未熟で自己愛の強いタイプ。 軽症うつ病にみられる性格。他人への依存心は強いが、他人への配慮はなく、失敗は他人のせいにする。

物事が自分の思いどおりに進まないと気がすまず、そうした葛藤がストレスとなる。

2.「遺伝的要因」

血縁のある親族にうつ病の人がいると家族内に発症しやすい。

親子・兄弟などにうつ病の人がいると、家族内発症は1.5~3倍多くみられる。

 

3.「慢性的な身体疾患」

国立精神・神経医療研究センターによると、慢性的な身体疾患患者の約5人に1人にうつがあるという指摘もある。

一言に「うつ病」と言っても、種類も要因も様々ですね。 要因も症状の出方もひとそれぞれ、そんなところにうつ病の発見・治療の難しさがありそうです。

 

関連記事

あなたの体は大丈夫?現代病であるうつ病を改善しましょう!!

ストレスのメカニズム 43の原因とチェックテスト

スティーブジョブズもやっていた!ストレス対処法

参照リンク

厚生労働省こころの耳うつ病

厚生労働省こころの耳ストレスへの対処

ヤンセンファーマ株式会社

国立精神・神経医療研究センター

休養と薬物治療でしっかり治そう。うつ病の治療方法とは