ドラム

ミュージシャンの職業病、フォーカル・ジストニアとは

音楽が好きな人にとって、「フォーカル・ジストニア」はある意味聞き慣れた病名かもしれません。ご自身や周囲の方が患っているだけでなく、好きなミュージシャンがこの病気を患った、という理由から調べ、本記事を読んでくださっている方もいるのではないかと思います。

手や指を思うように動かせなくなってしまうこの病気は、これまで幾多のミュージシャンを苦しめてきた、いわば”職業病”の一つです。ここでは、フォーカル・ジストニアがどのような病気なのか解説していきます。

ジストニアとは

ジストニアは、不随意運動(自分の意思とは関係なく、体の一部が勝手に動いてしまう状態)の一種です。手指や体が不規則に捻ったような形になったり、動作の途中で止まってしまったりします。

ジストニアには、症状が体の一部分のみに起こる「局所性ジストニア(フォーカル・ジストニア)」と全身に現れる「全身性ジストニア」があります。本記事で解説する職業性のジストニアは局所性ジストニアの一種で「動作特異性ジストニア」ともいい、特定の動作を行った時にのみ症状がみられます。

まぶたがけいれんする眼瞼攣縮や、首がねじれてしまう攣縮性斜頸も、フォーカル・ジストニアの一種です。

フォーカルジストニアの症状

piano

フォーカル・ジストニアは、音楽家に多くみられる病気の一つです。痛みやしびれは起こりませんが、楽器を演奏しようとすると意図せず手指に力が入って固まってしまったり、意図しない指の動きが起こってしまったりと、手や指を思い通りに動かせなくなることがあります。例えば、ピアニストが速く指を動かすことができない、指に力が入らずうまく鍵盤を叩けない、などといった症状がみられます。

はじめは「なんだか指が思い通りに動かない」というところから始まり、応急的に力を入れれば指を曲げたり伸ばしたりすることができます。しかし症状が進行すると痛みを感じるようになり、力を入れても指を動かすことができなくなってしまうのです。

 

音楽家以外の職業の人にも、このような職業性のジストニアがみられることがあります。例えばゴルファーの場合、手や手首の筋肉が自分の意思とは関係なく震えることがあるようです。その他にも美容師や漫画家など、手をよく使う職業の人にも起こります。特に、字を書く時に症状がみられるジストニアを書痙(しょけい)と呼びます。

また、歌手の場合は喉やその周辺に、管楽器奏者では口に、ドラマーでは足にこわばりが起こるなど、手指以外にもよく使う部位に起こる傾向があります。

職業性ジストニアでは、特定の作業時以外には全く症状が現れないことも少なくありません。例えば演奏家であれば、楽器を演奏する以外の日常生活には問題が生じないことが多くあります。そういった場合でも、楽器を演奏しようとすると途端に症状が表れ、意図した通りの演奏ができなくなってしまうのです。

フォーカルジストニアの原因とは

フォーカル・ジストニアの原因は、脳の一部に変化が起こってしまうことにあります。手や指などの筋肉に指令を送る部位が情報をうまく処理できず、動かしたい部位を動かせない・動かさなくてもよい部位を止められないなどの症状が出るのです。

この変化は、楽器演奏などで特定の部位の精密な動きを長期間反復することが原因で起こると考えられています。特定の動作を何度も何度も繰り返すことで、神経伝達機能に負荷がかかりすぎてしまい、問題が生じてしまうのです。

フォーカルジストニアは治る?

pray

実は、フォーカル・ジストニアを完治させるための治療法は未だに確立されていません。しかし、症状を軽減させる方法はあります。現在行われている治療法としては、以下のようなものがあります。

ボツリヌス毒素の注射

問題を起こしている筋肉を探り当て、そこに適切な量のボツリヌス毒素を注射する治療法です。ボツリヌス毒素は、筋肉を麻痺させ、けいれんをおさえる効果があります。ただし効果の持続は3カ月程度のため、患者さんは必要に応じて何度も注射を受けることになります。

薬物療法

患者さんの症状にあわせて、数種類の薬剤が用いられます。症状の変化を見ながら処方が行われますが、有効率があまり高くないことに加え、副作用が問題になることがあるため、補助的に用いられます。

外科的治療

全身性ジストニアで多く行われる治療法ですが、フォーカル・ジストニアでも手術を行うことがあります。手や指に症状が出ている場合は定位脳手術(脳の写真をもとに脳の地図を作り、頭の骨に開けた小さな穴から針を入れて電気刺激を与える手術)や脳深部刺激療法(脳内の特定部位を持続的に電気刺激して、異常な活動をおさえる方法)が行われます。

 

この他、鍼治療リハビリテーション認知行動療法による治療を行っていきます。無理やりに動かしたり、症状が出ている部位の筋力訓練を行ったりすることはかえって症状を悪化させる場合がありますが、治療法については現在も様々な研究が行われています。

最後に

ミュージシャンをはじめ、特定の部位を酷使する仕事をしている方にとって、フォーカル・ジストニアは決して珍しくない病気です。

ジストニアは、それ自体が生命を脅かす病気ではありません。根本的な治療が難しい病気ではありますが、現在では様々な治療法によって症状が改善することも増えてきています。あなたやあなたの大切な方の症状が、1日も早く快方に向かうことを願っています。