スマホから出る「ブルーライト」 体内に悪影響

スマートフォンやパソコンから出る青い光「ブルーライト」。この光が人体にどんな影響を与えるか知っていますか?「なんとなく目が疲れそう」と認識している人も多いのではないでしょうか。しかしブルーライトの浴び過ぎは目の疲れだけではなく、睡眠に影響を与えたり網膜への傷害などが懸念されています。

そもそもブルーライトとは?

ブルーライトの波長域

ブルーライトとは、波長が380~500nmの領域にある青色光のことです。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っています。太陽光や白熱灯にもブルーライトは含まれますが、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、特に多く含まれています。

現代は、省エネ化でLEDが普及したことで、ブルーライトの暴露量が増えています。ブルーライトの放出量が特に多いのは、現代人の生活に欠かせない「スマートフォン」です。

ブルーライトが人体に与える影響とは?

ブルーライトは人体に悪い影響だけを与えるものではありません。朝にからだが目覚め、夜になると眠くなる周期を「サーカディアンリズム」といいます。朝にブルーライトを含んだ太陽光を浴びることはそのリズムを整える効果があります。

一方、過度にブルーライトに目をさらすことは体内リズムを乱したり目に傷害を与えることが指摘されています。厚生労働省でもパソコンなど液晶モニターがある「VDT機器」で作業する際のガイドラインで「作業時間が1時間を超えないようにし、10~15分程度の休憩を取る」よう推奨しています(職場のあんぜんサイトより)。

では具体的にはどのような悪影響があるでしょうか。

目への影響

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、目に直接的なダメージを眼球に与えます。またスマートフォンを長時間見たり、デスクワークで一日中パソコンを眺めることで目が疲労から回復する時間がなくなります。その結果、網膜に傷害を与え、視力低下やひどい場合は失明のリスクを生み出します。

全身への影響

ブルーライトを長時間浴びていると、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなります。睡眠へとからだが準備し始める夕方から夜にかけてブルーライトを浴び過ぎると、体内時計が狂ってしまう可能性があります。

体内時計が狂うと不眠を引き起こします。そこから食生活などの乱れを原因とした肥満、さらに生活習慣病へとつながっていきます。ブルーライトの浴び過ぎが疾患のリスクを高めかねませんので、注意が必要です。

ブルーライトへの対策は?

現代人の生活には光が溢れています。そのため私たちがブルーライトを浴びずに生活するのは不可能です。しかし、工夫をすればある程度コントロールは出来ます。主な対策は以下の通りです。

  • 夕方から夜眠る前は、パソコンやスマホなどの画面から出るブルーライトを専用メガネやフィルムでカットする。
  • 日中はしっかりと太陽光を浴びる。
  • LED照明を使用する場合は色温度を調節する。

まとめ

まだ人類は“明るい夜”というものに適応しきれていません。白色電球などが、日本の夜を明るく照らし始めてまだ100年も経過しておらず、LEDの家電製品が登場してからは15年しかたっていません。長い間ヒトが送ってきた規則正しい生活を意識することが、ブルーライトなどの影響を解消するカギになるでしょう。

参照リンク

職場のあんぜんサイト(厚生労働省)|安全衛生キーワード|VDT作業

日本照明工業会|安全|LED照明に関するご注意|ブルーライトについて

参天製薬|サンテPC|LED・ブルーライトについて

わかさ生活研究所|ひとみ研究室|目の知識|目のブルーライト対策

体内時計.jp(武田薬品工業)

VDT症候群を予防しよう!パソコンやスマホとの正しいつきあい方