薬

認知症のくすり「メマリー(メマンチン)」効果と使い方

認知症といえば発症してしまうと、経過とともに悪化して治らない病気と現在は考えられています。さらに、薬も10年前までは1種類のみしか認可されておらず、選択肢がありませんでした。

しかしここ10年ほどで認知症の認可薬は4種類まで増えており、病気の進み具合や症状などで使い分けたり併用したりすることができるようになってきました。

以前より使われていた薬をアリセプト(一般名:ドネペジル)といい、最近出てきたお薬をメマリー(一般名:メマンチン)、レミニール(一般名:ガランタミン)、イクセロンパッチ・リバスタッチパッチ(一般名:リバスチグミン)といいます。イクセロン・リバスタッチは貼り薬です。

アリセプト・レミニール・イクセロン・リバスタッチはコリンエステラーゼ阻害薬といった薬に分類され同じような作用機序で薬効を発揮しますが、メマリーのみ4種類の認知症薬の中で作用機序が違っています

そこで今回はこのメマリー(メマンチン)について詳しく見ていきたいと思います。

「メマリー」とはいったいどんな薬なのか?

メマリーとは第一三共株式会社から販売されている商品名であり、一般名(成分名)をメマンチンと呼びます。日本では2011年に販売された比較的新しいお薬です。残念ながら従来の認知症のお薬と同様、認知症を改善・完治するものではなく、認知症症状の進行抑制効果しかありません。しかし他の3種類と作用機序が違うため、他の認知症のお薬との併用が可能であり、海外では併用により、より効果的に認知症症状の進行を抑制したといったデータも出ています。

「メマリー」の効能効果とは?

それではメマリーの効能効果について詳しく見ていきましょう。添付文書には以下のように書かれています。

「中等度及び高度アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制」

特徴的なのは、軽度のアルツハイマー型認知症には用いることができないという点です。他の認知症のお薬は軽度のアルツハイマー型認知症に用いることができるため、この違いに注意する必要があります。また、アルツハイマー型認知症は認知症の中でも患者数が一番多いですが、次に多いレビー小体型認知症には適応がないため使うことができません。

アルツハイマー型認知症症状の分類

しかしそもそもアルツハイマー型認知症の軽度・中等度・高度はどのように分けられているのか、疑問ですよね。そこで以下にそれぞれに対応する症状を記しましたので参考にしてください。

  • 軽度:お金の管理が難しい、物事の段取りをつけられない、同じことを何度も聞く
  • 中等度:状況に合った服装が選べない、一人で買い物ができない、感情・行動が不安定
  • 高度:一人で服を着ることができない、尿・便失禁する、一人で入浴できない

また他の認知症のお薬はどちらかというと感情や行動などを活発化させる傾向がありますが、メマリーについては感情や行動などを安定化させる傾向があり、怒りっぽく攻撃的な患者さんに選択しやすいとされています。

「メマリー」はどのようにして効くのか?

他の認知症のお薬はコリンエステラーゼ阻害薬といった種類ですが、メマリー(メマンチン)はNMDA受容体拮抗薬に分類されます。

アルツハイマー型認知症では、脳内の神経伝達物質であるグルタミン酸の受容体(受け手)が必要以上に活性化されている状態です。そのため、過剰なカルシウムイオンを脳神経細胞に入れてしまい、神経細胞が損傷したり、記憶・学習機能障害がおこったりするとされています。

そこでメマリーがこのグルタミン酸の受容体(受け手)と先に結合することで、過剰なカルシウムイオンの脳神経細胞への流入を防ぎ、神経細胞損傷や記憶・学習機能障害を防ぎます。

「メマリー」の用法用量

医師から説明を受ける男性

1日1回5mgから投与開始して、1週間に5mgずつ増量します。維持投与量(薬の効果を維持するために投与する量)として1日1回20mgを経口投与するため、1週目は1日1回5mg、2週目は10mg、3週目は15mg、4週目以降20mgといった形で徐々に増やしていってください。なお、高度の腎機能障害がある方の維持投与量は1日10㎎です。

また薬の管理は医療従事者・家族が行う必要があります。1日1回の服用とありますが、特にいつに飲まなければいけないといったことはないので、一番忘れにくい時間帯、毎日朝食後に服用するなどくせをつけて飲み忘れないよう服用することが重要です。

「メマリー」の副作用

メマリーの副作用として一番多いのは「めまい」です。飲み始めや増量時に起きやすいため注意が必要です。

用法用量の項目でなぜ徐々に増やしていくか、疑問に思われた方もいらっしゃると思います。それはこの「めまい」の副作用を出にくくするために、薬の量を少しずつ増やしていって体に慣れさせていくためなのです。高齢者にとってめまいなどの副作用からの転倒は、骨折や入院などにつながりやすいため非常に危険です。そのため少量からお薬を服用していくことは非常に重要なことです。

その他の副作用として眠くなりやすかったり、頭痛や、便秘・食欲不振なども生じたりすることがあります。また痙攣や、肝機能障害横紋筋融解症などの副作用も報告されています。いつもよりだるそう、白目が黄色いおしっこが赤茶色っぽいなどの変化に気づいたら病院で相談するようにしてください。

まとめ

ここ10年ほどで認知症の薬が増え、様々な症状や進行度に合わせて選べるようになりました。特にメマリーは現在唯一のNMDA受容体拮抗薬として注目されています。

認知症の治療で大切なのは「早期発見・早期治療」です。今のところ認知症の薬は症状の進行を遅らせるものでしかないため、早いうちに服用を開始すると、それだけ進行を遅らせることができるのです。そのためにはご家族や周りの方の協力が不可欠になってきます。また薬を使わない治療も積極的に行うとよいでしょう。

認知症患者さん本人の役割を意図的に作ってあげる、つまり家庭内や地域で役割を作ってあげるのです。洗濯物をたたむ係やご飯の片付け係など、なにか仕事を与えることでやる気も芽生え、残っている認知機能を維持できる可能性があります。ご家族の助けが必要になる場合も多いと思いますが、このようなことを意識して行ってみてもよいでしょう。