生理に血の塊がまじる…過多月経の原因と対処法

生理にレバーのような血の塊が混じるような方は、過多月経が疑われます。まだ受診をしていなかったり、受診を迷っている方にとって「なぜ過多月経になるのか」は気になることの1つかもしれません。ストレスや過労のせいかなと放置するのはおすすめできません。過多月経は、原因となる病気が隠れている場合があり、治療しなければ悪化したり、命に関わる場合もあります。ここでは、過多月経の原因や、その治療法などについてお話ししたいと思います。

過多月経の症状チェックは「女性の貧血、原因の6割は生理にあった!?過多月経の症状をチェック」の記事で詳しく見ています。

過多月経の原因

過多月経の原因として、婦人科器質性疾患、婦人科機能性疾患、内科的疾患の3つがあります。

婦人科器質性疾患

子宮筋腫(子宮にできる良性の腫瘍)、子宮腺筋症(子宮内膜が子宮の筋肉の中にできる病気)、子宮内膜症(本来、子宮の中にしか作られない子宮内膜が卵巣や腸、膀胱などにも発生し、生理周期に合わせて剥がれて出血を起こす病気)、子宮頸がん子宮体がんなどの婦人科系の病気です。不妊や不育症(妊娠成立後に流死産のため生児を得られない状態)に繋がる危険があり、特にがんの場合には命に関わります。

婦人科機能性疾患

黄体機能不全(女性ホルモンの分泌不足によって子宮内膜が十分に厚くならず、着床しにくい状態)、無排卵周期症(ほぼ規則的に生理様の出血はあるのに、排卵を伴わない状態)など、ホルモンバランスの乱れが原因となる病気です。不妊・不育症の原因になります。更年期障害もここに分類されます。

内科的疾患

白血病や特発性血小板減少性紫斑病(はっきりとした原因がわからず、血小板数が減少し、出血しやすくなる病気)、先天性の血液疾患など、止血機能に異常を示す血液の病気です。命に関わる場合もあります。

治療法について

薬

原因によって治療法はさまざまですが、婦人科器質性疾患や内科的疾患が原因の場合には、その病気の治療によって過多月経が改善することが期待できます。婦人科機能性疾患が原因の場合、下記のような治療が行われます。

経口避妊薬(OC)の内服

エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンを配合した薬を毎日内服し、排卵を抑制する薬物療法です。本来は避妊目的で使用される薬ですが、ホルモンバランスを薬でコントロールするため、生理の量が少なくなる効果が期待できます。残念ながら保険適応ではないため、料金は10割負担になります。

止血剤の内服

出血を抑える薬を内服し、生理の量を減少させる薬物療法です

ミレーナ装着

ミレーナは避妊具の1つで、子宮内に装着することで、黄体ホルモンの働きを持つ薬剤を最長5年間放出し続け、避妊効果を発揮します。避妊効果に加えて、子宮内膜の増殖を抑える効果があるため、生理の量が減少する効果があり、過多月経の治療にも使われます。ミレーナは、子宮から取り去ることで、妊娠が可能になります。ミレーナも保険適応ではありません。

子宮内膜掻把術(しきゅうないまくそうはじゅつ)

子宮内膜や血の塊を子宮から掻き出し、子宮の収縮を改善させて止血する方法です。次回かその後の生理で過多月経が再発してしまうため、次の生理の時には薬物療法を行う必要があります。

子宮摘出

子宮を摘出することで生理そのものをなくすことができるため、過多月経の根治的な治療法になります。子宮がなくなるため、妊娠を希望する方には行うことができません。

マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)

子宮内膜をマイクロ波で焼く治療法です。子宮を切らないため、外科的手術が嫌な方に向いています。ただし、妊娠したい方にはできません。

子宮動脈塞栓術(UAE)

太ももの動脈からカテーテルを入れて子宮動脈まで進め、吸水性のゼラチンスポンジで血流を抑える治療法です。

まとめ

過多月経の原因となる病気は、妊娠・出産に大きな影響を及ぼす場合があり、病気によっては命に関わるものもあるため、もし症状がある場合には、早めに婦人科を受診するようにしましょう。自己判断は禁物です。自覚症状だけではわからないことも多く、血液検査やエコー検査、内診などの検査で原因を調べていくことが必要になります。「生理の量が多いだけ」とそのままにしておくのではなく、それがからだの異常サインであることを知っておいてください。そして、異常サインを感じた場合には、病院を受診するようにしましょう