かゆ~いあせも。原因とメカニズムは?

今年もいよいよ夏がやってきます。夏になるとあせもに悩まされている人もいるのではないでしょうか。特に小さいお子さんのいるお母さんは心配ですよね。あせもは、多くの人が経験する病気のひとつで、誰にでも起こりえます。今年はあせもに悩まされないようあせもがおこる原因を正しく理解しましょう。

あせもとは?

あせも(汗疹)とは、汗をかくことによって起こる肌のトラブルです。

日本の夏の特色である高温多湿や冬の暖房、あるいは風邪などで高熱による体温上昇が続くと汗をかきやすくなります。また、皮膚にホコリが付着すると、汗を分泌する汗腺が詰まりやすくなり、汗が皮膚の中にたまってしまいます。すると水ぶくれができたり炎症が起こって、赤いブツブツになってかゆくなってしまうことがあります。これがあせもです。

あせもは、汗の出やすいところにできます。特に、頭、額、首、また、汗が乾きにくいひじの内側や脚のつけ根、ひざの裏側にできやすいです。

2種類のあせも

よく見られるあせもには、以下の2種類があります。

紅色汗疹(こうしょくかんせん)

最もよく見られるのが紅色汗疹です。かゆみの伴う赤井ブツブツがたくさんでき、中心に小さな膿が発生することもあります。
汗をかきやすい赤ちゃんに出やすい症状です。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

小さくて透明な水ぶくれが大量にできます。

かゆみはなく、皮膚が細かくはがれて数日で自然治癒します。

あせもを防ぐにはどうしたらいい?

シャワー

あせもの予防において大切なのは、汗をかきっぱなしにしないことです。

汗をかいたら、すぐにお風呂やシャワーで洗浄するのが理想です。それが難しい状況であっても、濡れたタオルなどで汗や汚れを拭き取りましょう

汗がそのまま肌に残っていると、皮膚の表面に汚れや垢が溜まるだけでなく、汗の出口を塞いでしまいます。そうなる前に、肌を清潔な状態に戻してあげましょう。

また、汗をたくさんかいたら着替えるのも有効です。

あせもに似た症状

顔をしかめる女性

アトピー性皮膚炎

正確な原因は解明されていませんが、環境や遺伝などの原因が重なって起こるとされているのがアトピー性皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのみられる湿疹です。一方、あせもは汗が原因で起こる一時的な病気ですから、それぞれ性質が異なることがわかります。

アトピー性皮膚炎も、あせもと同じように、夏場に汗をかいてそのままにしておくと悪化することがあります。肌の疾患を防ぐためには、清潔が何よりも大切なのです。

手足口病

夏風邪の一つである手足口病でも、発疹の症状がみられます。この病気は、エンテロウイルスへの感染が原因です。

口の中や手のひら足の底などに小さな水疱性の発疹ができますが、高熱が出ることはあまりありません。感染した場合、特効薬はないため基本的には安静にして経過観察ということになります。

手足口病について詳しくは「夏に多い手足口病ってどんな病気?」をご覧ください。

まとめ

あせも(汗疹)は、汗をかきすぎることでおきる皮膚のトラブルです。汗の出る汗腺がつまり、皮膚の中に汗がたまることで、水ぶくれや赤いブツブツができます。特に、頭、額、首、また、汗が乾きにくいひじの内側や脚のつけ根、ひざの裏側にできやすいです。清潔にするのがいちばんの予防策ですので、汗をかいたらすぐに拭きとる・あるいは着替えるようにしましょう。

 

関連記事

【保存版】暑くなったら注意!夏こそ気をつけたい症状・病気とは

急に出現する大人の発疹には様々な病気が。原因は一体何?

頭皮のかゆみの症状を治す5つの対策!

やけど(火傷)による水ぶくれ処置の3ステップ

アトピー性皮膚炎の基礎知識!悪化させる5つの原因とメカニズム

参照リンク

白クマ先生の子ども診療所|夏の皮膚トラブル

白クマ先生の子ども診療所|ぶつぶつができた

厚生労働省|学童・成人アトピー性皮膚炎の臨床像・病態・経過

日本医師会|あせも

赤ちゃんのあせもはどう対策すればいい?