湿疹(皮膚炎)のかゆみを抑える方法は?薬とセルフケアについて

皮膚がかゆいから掻く、搔くとさらにかゆくなる…というように、症状によって悪循環に陥りやすいのが湿疹(皮膚炎)です。治療が長期にわたるときは、今後の不安や生活の質の低下などで大きなストレスになることもあります。少しでもストレスをなくして回復を目指すために、今回は慢性的に起こる湿疹の治療についてご説明します。湿疹の症状や種類については、「湿疹にも種類があります!代表的なもの5つを解説」をご覧ください。

湿疹の治療

1353865

湿疹の治療は、薬物療法を中心として進めます。慢性的な湿疹にはステロイド外用剤を主体として使いますが、ステロイドとは腎臓の副腎皮質から分泌されている天然のホルモンの一つです。身体の免疫力を抑制したり炎症を抑える作用があります。ステロイドは正しく使えば問題はない薬だと考えられており、症状に合わせて徐々に弱い薬に替えていったり、塗る量を減らしていったり、と医師の指導を守りながら使っていきます。

湿疹のかゆみを抑えるためには、抗ヒスタミン薬というかゆみを抑える成分が入っている薬を使います。アレルギーの原因となる物質が身体に入ってくると、その刺激によって細胞は様々な化学物質を放出するのですが、その一つがかゆみを起こす「ヒスタミン」です。このヒスタミンの働きを抑えるために抗ヒスタミン薬を使います。

湿疹のセルフケア

3189

皮膚にブツブツがでていたり、かゆみを感じるときは症状を悪化させないように生活習慣を見直してみましょう。外用剤を使いながら自宅でも行えるケアを続けることで症状の緩和を目指します。

かゆいときは?

かゆみを我慢することは難しいので、まずは意識をそらすことから始めます。テレビを見たり、食事をするなど気持ちを別の方に向かせることで必要以上にかゆみを感じないようにしましょう。

かゆみの緩和には、かゆい部分をシャワーで洗い流したり氷などで冷やすことも効果があります。特に皮膚を冷やすことは血の巡りや神経伝達を遅らせることに繋がるので、かゆみを感じたときの対処法として有効です。

寝ているときなど無意識に掻いてしまったときのために、爪はいつも短く切っておき皮膚が傷つくのを防ぎましょう。掻くことによって傷ついた皮膚は空気や他の刺激を受けやすく、かゆみも強くなります。皮膚の熱がこもらない程度の肌触りのよい長袖、長ズボンなどを着用して皮膚と空気などの刺激を減らしましょう。

ブツブツが出たときは?

皮膚に湿疹が出たときは、症状が悪化しないようにすることが大切です。ぶつぶつしている部分を洗い流すことで、皮膚の表面に付いたものを洗い流しましょう。皮膚を刺激する物質、汗や汚れなどを取り除くことができます。

湿疹が出たときにも有効なのが冷やすことです。皮膚の下の血管が拡がっていたり、かゆみを起こす神経が刺激されているときは、皮膚を冷やすことで沈静を図ります。身体に熱や湿気がこもると皮膚のバリア機能が低下します。部屋の換気や衣服に注意をして風通しの良い状態を作りましょう。

皮膚の症状の多くは、診察をするときには変わっていたり消えていたりすることがあります。余裕があれば湿疹の写真を撮って医師に見せましょう。経過を見てもらえることが診察にも役に立ちます。

注意することは?

皮膚にかゆみや湿疹があるときは、刺激や化学物質に対するバリア機能が低下しています。症状が落ち着くまでは、洗濯に気を付けて衣服に化学物質が残らないようにしましょう。洗濯のすすぐ回数を増やす、柔軟剤を使用しない、など工夫することが大切です。

食品添加物は消化のときに身体に負担がかかり、かゆみに影響することがあります。ハム、ラーメンやお菓子などは可能な範囲で減らしましょう。

加えて、規則正しい生活を送ることで身体の自律神経が整います。早寝早起きをする、睡眠を十分に取る、適度に運動をする、老廃物を身体の外に出すなどを意識して生活のリズムを整えることも大切です。

まとめ

湿疹の治療にはステロイドや抗ヒスタミンなどが処方されます。ステロイドは医師の指示を守って使えば問題がない薬だと考えられています。薬物療法と合わせて自宅でも湿疹の症状を和らげるためのセルフケアを行います。かゆみなどからの意識をそらす、症状が出ている部分を洗い流す、冷やすなどが効果的です。

また、病気にならない、悪化させない身体を作るには自律神経を整えることが大切です。忙しい毎日でもなるべく規則正しい生活を送ることを意識してみましょう。