息切れや息苦しさが続くのはどんな病気?


疲れている男性

常に息苦しさ、息切れを感じて悩んでいないでしょうか?しっかり呼吸ができないと日常生活を送る上で大きな負担になってしまいます。慢性的に呼吸困難が出た場合は死亡につながる病気もあり、怖い症状でもあります。今回はそんな常に呼吸が苦しいときに考えられる病気を紹介していきます。

息苦しさ、息切れが続く病気は?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

タバコの煙など有害物質を長期的に吸い込むことで、気道や肺胞が炎症を起こします。そのほか咳や痰も原因となって気管支が細くなり、空気の流れが悪化して酸素と二酸化炭素の交換がうまくいかなくなってしまいます。

COPDの症状は体を動かすたびに息切れを起こし、慢性的な咳や痰を出すことです。主な原因はタバコの煙で、患者の約9割が喫煙者です(全部見える呼吸器疾患p174より)。長期的にタバコを吸っていて息切れなどの症状が出ていたらこの病気を疑います。

肺が悪くなるだけでなく、骨粗しょう症や筋力低下、食欲不振などを伴うことがあります。治療によって完治することはなく、平成27年の死亡原因で老衰や不慮の事故、自殺を除くと第7位になっています(厚生労働省より)。まずは禁煙し、薬で症状を和らげ、悪化させないことを目指します。

間質性肺炎

医薬品や膠原病、放射線治療、粉塵の吸入(塵肺)などによって引き起こされる病気です。肺胞を取り囲んで肺を支える間質に炎症が起き、肺胞の壁が厚くなります。そうして形が悪くなり、肺全体が硬くなって肺がふくらみにくくなります。肺活量がダウンし、酸素と二酸化炭素の交換がうまくいかなくなります。

原因となる放射線治療は医師と相談し、ステロイド薬や免疫抑制薬、自宅で酸素を取り込む酸素療法などで改善していきます。喫煙者は禁煙が求められます。

特発性間質性肺炎

間質性肺炎の中で原因が分かっていないものが当てはまります。以下2つを紹介します。

特発性肺繊維症(IPF)

間質性肺炎の中で最も頻度が高く、肺がんを合併している割合が20~30%に及びます(全部見える呼吸器疾患p204より)。

乾いた咳や徐々に息切れが悪化していきます。指が太鼓のように沿ったばち指もみられます。医師が聴診したときに呼吸の最後のほうでパチパチ、パリパリした音がして、画像診断(胸部CT像)で肺の内部の形が蜂の巣状になるのも特徴的です。有効な治療法はなく、症状を改善していくためにステロイドや免疫抑制薬を使用します。50歳以上の男性で喫煙者に多いです。

非特異性間質性肺炎(NSIP)

動くときの息切れや乾いた咳が出ます。胸部を画像検査したときにスリガラス模様や不規則な線状の陰影がみられます。

特発性肺繊維症とは異なり、肺内部は崩れ方が均一になっています。ステロイドを単独で使うほか、免疫抑制薬と併用して治療していきます。非喫煙者の女性で、50代によくかかりやすいです。

肺を浮かせるスーパードクター

慢性好酸球性肺炎

アレルギーに関わる好酸球(白血球の一種)が肺に炎症を起こすとかかる肺炎のうち、原因不明のものが当てはまります。その中でも急激に起こらず、数週から数カ月かけて症状が現れていくのを慢性好酸球性肺炎といいます。呼吸困難や咳、発熱、倦怠感など全身に症状がみられます。

血液検査で好酸球やCRPの値を調べて判断します。ステロイド薬を使って治しますが、自然に回復することもあります。ただ再発する可能性は高いです。アレルギー性疾患にかかったことがある中年女性にみられる病気です。

びまん性汎細気管支炎(DPB)

気道の防御機能が弱っているためさまざまな菌に感染しやすく、その結果気管支の一部が慢性的に炎症した病気です。咳や痰が長引き、息切れがみられます。痰は一日200~300ミリリットル出ることがあります。少量のマクロライド系抗生物質を長期間服用することで症状は良くなっていきます。

はっきりとした原因は不明ですが、遺伝的な要素が関わっている可能性があります。慢性副鼻腔炎を合併・既往している確率が高いのも特徴です。アレルギー性疾患にかかったことがある中年女性にみられる病気です。

まとめ

長引く息切れや息苦しさは命に関わる病気があります。呼吸器だけでなく全身に影響を及ぼすものも多くあるため、注意が必要です。ただCOPDや一部の間質性肺炎は喫煙が原因となっているため、生活習慣を改めることでリスクは減っていきます。症状を悪化させないためにも健康としっかり向き合っていきましょう。

 

関連記事

参考文献

玉置淳監修 成美堂出版 全部見える呼吸器疾患 pp.143-145, pp.168-169、pp.174, 175, pp.202-206

医療情報科学研究所 メディックメディア 病気がみえるvol.4 呼吸器 p.167, pp.186-187, pp.190-198, pp.218-219

参照リンク

日本呼吸器学会|呼吸器の病気

KOMPAS(慶應義塾大学病院医療・健康情報サイト)|間質性肺炎

厚生労働省|人口動態調査|平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況|第7表

インフルエンザ特集