痰(たん)が出るのが止まらない!? 痰の原因と8つの色

白黄色の痰が出た!!、茶色っぽい痰が出た!?、ねばねばした痰が出た!など、痰が止まらない時に痰の色が気になったことはありませんか?痰には、8つの色のパターンがあり、その色によって、病気の原因が違ってきます。症状が回復傾向にある場合は、自然治癒が良いですが、咳をともなう痰が出る期間が3週間以上続く場合は、原因をつきとめ、治療を受けることをおすすめします。今回は医師・城間 拓哉先生による監修記事で、そもそもの痰のメカニズムから、色による病気の違いを紹介します。

痰(たん)とは

空気の通り道である気道の粘膜は、細胞から出てくる「気道分泌物」が表面を覆っています。通常は、この分泌物は、ごく少量で無意識のうちに飲み込まれています。ところが、細菌やウィルスによる感染が起こると、「気道分泌物」が増加し、死んだ細菌やウィルスを含んだ粘り気の強い分泌物となります。これが「痰(たん)」となります。

痰が出る原因性状別

痰は、病気の原因によって、痰の色が違ってきます。痰が止まらないという方は、一度自分の痰の色を見て、どのような色なのかを確認し、下記の表を参考に判断してみてください。

  痰の色 メカニズム 特徴 考えられる病気
膿性 白黄色~淡黄色 細菌の存在、細胞成分((白血球や上皮細胞など))の混入 ・最もよくみかける痰
・細菌性感染症を示唆
・急性咽頭炎
・急性気管支炎
・急性肺炎
緑色 ・緑膿菌などが産出する色素による色
・古い膿を含む
・びまん性汎細気管支炎
・慢性気管支炎
・気管支拡張症の増悪
さび色 ・膿に少量の血液が混入してみえる色
・肺炎球菌が関連する
・腫瘍や肺膿瘍の組織破壊物が含まれる
・肺炎球菌性肺炎
・肺腫瘍
・肺化膿症
粘液性 透明~白色 杯細胞や気管支腺などからの分泌過剰 ・ウィルス性など非細菌性の感染が多い ・非細菌性感染症
・アレルギー性気管支炎
COPD
泡沫性 ピンク色 肺循環のうっ血 ・肺毛細血管から漏出した血液と肺胞の空気が混ざり、ピンク色の泡沫状となる 肺水腫
漿液性
((さらさらした透明な分泌液)
透明~白色 毛細血管の透過性亢進   ・肺胞上皮癌
・気管支喘息
血痰 茶色、暗赤色 肺血管の破綻による気道内への出血 ・血線を引いたものは咽頭性や喉頭性多い
・全体的に赤い痰は下気道性が多い
肺がん
・気管支拡張症
・肺結核症
・肺真菌症
・肺梗塞
・Goodpasture症候群
喀血 赤色   ・1回の喀出血液量が2mL以上 ・肺出血
・気管大動脈瘻
出典:「病気が見える」をもとにいしゃまち編集部作成  


咳と痰
の関係

咳き込む男性

痰をともなう咳を湿性咳嗽(しっせいがいそう)、痰が出ない咳を乾性咳嗽(かんせいがいそう)といいます。咳が続く期間が3週間以内の場合は、感染性の病気が疑われます。3週間以上、特に8週間を超えて咳が続く場合は、原因の多くは非感染性の病気が疑われます。

急に痰がともなう咳が出るときは、細菌性肺炎、気管支炎、副鼻腔炎、胸膜炎などが疑われ、慢性的に痰がからむ咳が出る状態の場合は、肺結核症、COPD、肺水腫、肺がん、気管支拡張症などの病気が考えられます。

子供の咳が出る原因!?発育によって違う19の病気

咳が止まらない時の原因は!? 考えられる病気の3つの見分け方

喉が痛い時の5つの対処法「のど飴ってなんで効くの?」

インフルエンザの予防接種の注意点!ワクチンの効果と副反応

つらい痰を止めたい!痰を切る5つの方法

参考文献「病気が見える」メディックメディア出版

参照リンク呼吸器学会