手

手足の水ぶくれ、水虫じゃなくて汗疱(異汗性湿疹)かも!

手のひらや指の間に小さな水ぶくれが沢山できる、かゆみも続いている・・・。夏が近づくと汗疱(かんぽう)の症状に悩む方も多いのではないでしょうか。他の病気とも間違われやすい汗疱とは、一体どのような病気なのでしょうか。今回は症状や治療法などをご紹介します。

汗疱とは

汗疱は、汗疱状湿疹、異汗性湿疹、発汗異常性湿疹などと言われている皮膚の病気です。夏や季節の変り目などの毎年決まった時期に、手や足に汗をかきやすい人が手のひらや足の裏に小さい水疱がたくさんできるのが特徴です。小学生から思春期によく見られる病気ですが、中高年の方にも時々発症します。皮膚のほかの部位や他の人に感染することはありません。

どのような症状が起こる?

手のひらや足の裏に透明で小さい水疱がたくさんでき、一週間くらい経つと乾いて皮がむけて治っていきます。水疱が次々に現れると治るまでに時間がかかります。水疱の大きさが1ミリ以下の場合は気づきにくく、皮がむけるようになってはじめて気が付くこともあります。また、小さい水疱が集まって盛り上がり皮膚の表面がでこぼこするくらい症状が悪化することもあります。かゆみは人によって異なり、水疱が現れるときに痛がゆくなったり、水疱が現れて消えるまでずっと強いかゆみを感じることもあります。

汗疱の原因は?

pier-569314_640

汗疱を発症する原因はまだ明らかにはなっていませんが、季節の変化、精神的なストレス、過労や睡眠不足、食べ過ぎや飲み過ぎ、手や指の使い過ぎ、多汗症、アレルギー(金属や薬物)などが考えられます。手のひらや足の裏はもともと汗管が多い部位で毛穴がなく皮脂もでません。よって発汗の影響を受けやすいので、これらが原因となって手のひらや足の裏に大量の汗をかいて皮膚に湿疹が現れるといわれています。

汗疱と似た病気は?

汗疹(あせも)

何かの原因によって汗を排出させる汗の孔がつまると、汗が皮膚の内部に沁み込んで炎症し、水疱を作ります。

金属アレルギーや接触性皮膚炎(かぶれ)

口の中の銀歯や食品の中の金属など身体に摂取された金属は汗を通して排出されています。手や足に汗を多くかくと汗の中の金属濃度が高くなり、皮膚ににじみ出ることで炎症を起こすのが金属アレルギーです。接触性皮膚炎の場合は、衣服、ゴム製品や金属などが皮膚と触れことによってアレルギー症状を起こします。自己判断で塗った市販のかゆみ止めなどでかぶれることもあるので、注意が必要です。

水虫

夏場などの足のかゆみの原因としてよく知られている病気です。カビの一種である白癬菌に感染して発症します。適切な治療を行わないと薬にかぶれたり症状が悪化することもあるので、自分で判断しないで専門医を受診して正しい診断のもとに的確な治療を受けるようにしましょう。

汗疱の治療は?

laughter-775062_640

汗疱の治療は皮膚科で行われますが、精神的な影響を受けることがある病気です。症状の誘発や悪化を防ぐためには、ストレスなどを避けることが大切ですが、症状が進むことで見た目が気になり他人に感染する病気のように思われてしまうのではないかとさらに精神的負担が増すこともあります。周りの人が病気に対する知識を持ち過剰に反応しないことを心掛けましょう。

皮膚科では薬物治療が行われます。症状が軽ければ、市販の尿素入り保湿クリームを一日に数回塗るだけで症状が改善する場合もありますが、痛がゆいタイプの水疱にはステロイド外用薬が処方され、皮がむけてきたら尿素軟膏やサリチル酸ワセリンなどが処方されて治療します。その他、かゆみを抑えるために抗アレルギー剤を服用することもあります。症状が酷いときは、少量のステロイドを服用することも検討します。

汗疱は原因がはっきり分からない場合が多いので、かゆみがあるときには抑える治療を、皮膚のかさつきがあるときは古い角質を除去して保湿する治療を行うなどの対症療法が中心となって行われます。汗疱は季節的なもので症状が繰り返し起こることが多い病気ですが、通常は一定期間で治ると考えられています。しかし、症状が悪化している場合は早めに皮膚科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。

まとめ

汗疱を発症するメカニズムはまだ明らかにはなっていませんが、ストレスなどが原因となって汗をかくことによって皮膚に湿疹やかゆみなどの症状が起こる病気と考えられています。汗疱の治療は、尿素軟膏やステロイド外用薬などが処方され対症療法が行われます。汗疹、金属アレルギー、接触性皮膚炎、水虫などと症状が似ているので、決して自己判断せずに医療機関で適切な診断と治療を受けるようにしましょう。