さび色、ピンク、黒色…変わった痰の色が出る原因は?4つの疾患・病態を紹介


黒色の液体

痰は通常は透明や白色で量も少なく、知らない間に飲み込んでしまっています。それが身体の状態によって色や粘度が変化していきます。

細菌やウイルスに感染して呼吸器が炎症を起こすと黄色や緑色で粘度の高いドロッとした痰が多くみられます。では、さび色(赤褐色)やピンク、黒色の痰が出るのはどのような場合でしょうか?痰の色が変わる要因や考えられる病気について説明していきます。

痰がさび色やピンク、黒色になる理由

さび色やピンク、黒色の痰がみられるのは鼻、喉、口、気管、気管支、肺の粘膜か、肺の血管が傷ついた時に出血して痰に血液が混じるときです。新しい出血の場合は真っ赤な色ですが、出血してから時間が経った古い血液が混じるとさび色黒色となります。ピンク色の場合は、肺水腫を起こす心不全などでみられます。

さび色の痰がみられる疾患

肺炎球菌肺炎

肺炎を起こす原因となる菌は肺炎球菌インフルエンザ菌マイコプラズマなどがあります。肺炎球菌による肺炎は成人の市中肺炎(医療機関以外で一般的にみられる肺炎)の30~40%を占め、最も割合が高いといわれています(「全部見える呼吸器疾患」p.99より)。高齢者の肺炎にも多くみられます

症状は咳、さび色の痰、発熱、呼吸困難などがみられます。肺炎球菌による肺炎は重症化すると菌血症を伴う場合や敗血症などを起こす場合があります。

ピンク色の痰がみられる病態

ピンク色の液体

心原性肺水腫

心臓の働きが悪くなって全身へ血液を送り出す力が弱くなることがきっかけ(左心不全)です。肺の毛細血管の壁から血液の液体成分が漏れ出やすくなった場合などに肺胞の中に液体成分が溜まる病態です。

呼吸のためのガス交換を行っている肺胞の中に液体成分が溜まるため、肺に酸素がとりこみにくくなり呼吸困難を起こします。仰向けで寝ると息苦しくなることがあります。喘鳴(ぜんめい)やピンク色の泡状の痰がみられることもあります。

重症化すると呼吸不全となり、チアノーゼ(皮膚や唇が紫色になる)、冷汗、血圧低下、意識障害などがみられます。

黒色の痰がみられる疾患・病態

塵肺(じんぱい)

塵肺アスベスト(石綿)珪酸(けいさん、土や石の成分)などの土ぼこりや鉱物性のほこり(無機粉じん)を長期間にわたって肺に吸い込み続けることが原因です。肺の中の繊維組織が増殖していきます。繊維組織が増えると肺胞や細気管支、血管などが破壊され、呼吸が行いにくくなります。

咳、黒っぽい痰、喘鳴、息切れがみられ、進行すると呼吸困難がみられるようになります。

肺胞出血

肺胞出血とは肺のガス交換を行っている肺胞の壁の毛細血管が傷つき、肺胞腔内に出血がみられる状態です。肺胞の中に出血した血液は咳や痰と一緒に出てくるため、喀血(かっけつ、咳と一緒に血が出ること)や血痰がみられます。

血液を固まりにくくする薬や血小板の機能を抑える薬などの服用や、全身性エリテマトーデスなどの膠原病、肺胞出血と糸球体炎腎炎を併発する自己免疫疾患の一種グッドパスチャー症候群などによって肺胞出血は起こります。

ほかに咳、息切れ、呼吸困難がみられ、肺の中に溜まった血液が数時間以上経ってから痰と一緒に出てくると黒い痰がみられます。

まとめ

さび色、ピンク、黒色の痰がみられるときは、鼻や口、喉、気管支、肺など体の内部から出血していることが考えられます。様々な疾患が原因としてあげられ、適切な治療を受けずに放っておくと重症化する場合もあります。変わった色の痰がみられた場合は呼吸器科、呼吸器内科、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

関連記事

 

参考文献

全部見える呼吸器疾患 成美堂出版 p.110, pp.256~pp257

参照リンク

日本呼吸器学会|呼吸器Q&A|たんに血が混じりました

大阪府済生会中津病院|Q&A―呼吸器内科―

医薬品医療機器総合機構|重篤副作用疾患別対応マニュアル うっ血性心不全

日本呼吸器学会|呼吸器の病気

厚生労働省|重篤副作用疾患別対応マニュアル肺胞出血(肺出血、びまん性肺胞出血)

東京都感染症情報センター|侵襲性肺炎球菌感染症

国立感染症研究所|成人の医療・介護関連肺炎と肺炎球菌

インフルエンザ特集