お子さんが急な咳が出たり、長引いて止まらなくなったりすると心配になりますよね。子供の咳は、発育年齢によって様々な原因が考えられます。咳が出る主な原因を知り、子供の症状を正しく見極めて、当てはまりそうな病気の可能性があれば、近くの小児科専門医を探して受診しましょう。医師・武井 智昭先生による解説記事で、その原因を解説します。

 

子供の咳が出る主な原因

咳は、気管に入ったほこり、ウイルスなどの異物を外に出すためにおきる体の防御反応です。このため、咳が出たからといって、安易に咳止めを使うのは、病状を悪化させることもあります。

子供の急性な咳はほとんどの原因は、鼻炎・鼻咽頭炎などのウイルス性上気道感染症(いわゆる風邪症候群)です。その場合、1週間で半数、2週間で90%の症状が回復していきます。

 

鼻炎鼻咽頭炎以外の咳の原因は?

鼻炎・鼻咽頭炎などの上気道炎以外の原因としては、幅広い年齢層でみられる病気と、発育期によって特徴的な咳があります。発育期によって、新生児期(~出生4週間)、乳児期(1ヶ月~1歳)、幼児期(1~6歳)、学童期(6歳~12歳)、青少年期(男12歳~、女10歳~)に分けて、主な症状と考えられる病気を表にまとめました。

 

年代

症状

考えられる原因・病気

幅広い年齢層 感冒様症状(風邪のような症状で発熱あり) ウイルス感染症(上気道炎)
鼻水がノドに流れていく 後鼻漏症候群
咳払い、鼻すすり、鼻汁、くしゃみ、いびき アレルギー性鼻炎
家族の家庭内喫煙 受動喫煙
呼気の喘鳴(呼吸時にぜいぜい、ひゅうひゅうと鳴る音) 気管支喘息
呼気性の呼吸困難
発作性の咳込み(顔を赤くするくらい) 百日咳
吸気性笛声(てきせい):息を吸うときに「ひゅう」となる
咳き込み後の嘔吐
新生児(生まれてから4週間)・乳幼児(1ヶ月~1歳) 感冒様症状(風邪のような症状で発熱あり) ウイルス感染症(上気道炎)
鼻水がのどに流れていく 後鼻漏症候群
呼気の喘鳴(息を吐く時の喘鳴) 急性細気管支炎(RSウイルス感染症など )
多呼吸・哺乳低下
家族の家庭内喫煙 受動喫煙
誤嚥(食べ物を誤って気管に入れてしまうこと) 咽喉頭逆流症
胃食道逆流症
発作性の咳込み(顔を赤くするくらい) 百日咳
呼気性笛声(てきせい):息を吸うときに「ひゅう」となる
咳き込み後の嘔吐
犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう:犬の吠える声に似た乾いた咳) 先天性の気道異常(喉頭軟化症など )
吸気性喘鳴(息を吸う時の喘鳴)
(乳児)喘鳴の反復 気管支喘息
アレルギー素因
発熱、家族内発症 結核
幼児期(16歳) 感冒様症状(風邪のような症状で発熱あり) ウイルス感染症(上気道炎)
鼻水がのどに流れていく 後鼻漏症候群
運動時の喘鳴(呼吸時にぜいぜい、ひゅうひゅうと鳴る音) 気管支喘息
呼気性の呼吸困難
咳払い、鼻すすり、鼻汁、くしゃみ アレルギー性鼻炎
家族の家庭内喫煙 受動喫煙
犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう:犬の吠える声に似た乾いた咳) クループ症候群
嗄声(させい:しわがれ声)
吸気性喘鳴(息を吸う時に音が鳴る)
誤嚥(食べ物を誤って気管に入れてしまうこと)のエピソード 気道異物
呼吸音の左右差
持続性の湿性咳嗽(黄色い痰をともなう咳) 遷延性の細菌性気管支炎
活動中の咳込み 胃食道逆流症
発作性の咳込み 百日咳
呼気性笛声(てきせい:ひゅうひゅう、ぜろぜろと鳴ること)
咳き込み後の嘔吐
学童(612歳)・思春期(男12歳~、女10歳~) 感冒様症状(風邪のような症状で発熱あり) ウイルス感染症(上気道炎)
運動時の喘鳴(呼吸時にぜいぜい、ひゅうひゅうと鳴る音) 気管支喘息
呼気性の呼吸困難
咳払い、鼻すすり、鼻汁、くしゃみ アレルギー性鼻炎
黄色い鼻汁、鼻閉、鼻声 副鼻腔炎
胸部X線で浸潤像(細胞成分、液体成分が溜まって起こる) マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎
睡眠中は消失する奇異な咳 心因性咳嗽
家族の家庭内喫煙 受動喫煙
発作性の咳込み 百日咳
呼気性笛声(てきせい:ひゅうひゅう、ぜろぜろと鳴ること)
咳き込み後の嘔吐
持続性の湿性咳嗽 気管支拡張症
発熱、家族内発症 結核

 

まとめ

子供の発育時期と症状によって、考えられる病気は様々あります。なかなか症状が回復しない場合は、近くの医療機関を受診しましょう。特に新生児期に症状が出る場合は、先天性の疾患の可能性があるので、小児科専門医にかかる必要があります。小児科の専門医を探す場合は、日本小児科学会の専門医検索を参照してください(2016年3月時点で全国15,840名が登録されています)。