爪の色が変!原因と対処法は?

ある日突然、爪が変色していることに気付いたという経験はありますか?爪の色の変化は、意外と放っておいてしまいがちです。ネイルアートなどを施していると、気付かないこともあるかもしれません。

実は、爪は健康のバロメーターとしての役割を持っています。爪の色がいつもと違うと感じた場合、もしかしたら病気が隠れているかもしれません。ここでは爪の変色について、原因と対処法を説明していきます。

爪の成分と構造

指を保護している爪は皮膚の一部が変化したものであり、成分は主にケラチンというタンパク質の一種でできています。

私達が一般的に「爪」と呼ぶ硬い部分は、医学的には爪甲(そうこう)といいます。爪甲をかこむ皮膚を爪郭(そうかく)、爪の根本の乳白色の部分は爪母(そうぼ)と呼びます。

爪は毎日、約0.1~0.15mmずつ成長していきます。爪は爪母から生えるため、この爪母が傷ついてしまうと、生えることができなくなってしまう場合があります。

爪は身体の末端にあるため、身体が栄養不足であったり、血流が悪かったりしたときに影響を受けやすい場所です。爪の変色が見られた場合、何らかの病気が原因となっていることも考えられます。

爪の色でわかる病気

爪の色

本来、爪は薄いピンク色をしているのが正常な状態です。これは、毛細血管が透けて見えているためです。しかし、何らかの刺激を受けたり病気にかかったりすると、ピンク色ではなくなることがあります。変色した色である程度原因を絞れることがあるので、以下の表を参照してください。

※なお、この表で挙げる病名はあくまで一例です。その他の病気が隠れていることも考えられます。

 

考えられる原因
内出血
メラノーマ(悪性黒色腫)
※下で詳しく解説します
アジソン病
副腎の病気により、副腎皮質ホルモンが慢性的に少なくなる病気です。
レイノー症候群
冷たい水に触った時に手指が蒼白になる現象で、膠原病や神経疾患・血液疾患などが原因となることがあります。
貧血
爪白癬(みずむし)
糖尿病
慢性肝炎
淡い色 むくみ(浮腫)
黄色 肺・気管支の病気
黄色爪(おうしょくそう)症候群
爪の変色のほか、身体のむくみ、胸水(肺に水が溜まる)がみられます。
緑色 緑膿菌など感染によるもの

 この他、爪の色は医薬品の副作用でも変わることがあります。

中でも特に注意が必要なのは、爪が黒くなった状態です。爪に何か大きな物を落としたり、ドアで挟んだりしたことがあれば、内出血を起こしていると考えられます。しかし何もしていないのに黒い変色がみられる場合、注意すべき疾患が原因となっている可能性があります。

メラノーマ(悪性黒色腫)

爪が黒くなった場合、メラノーマ(悪性黒色腫)という皮膚がんの可能性があります。メラニンという色素を作り出す、メラノサイトという色素細胞が腫瘍化したものです。なかでも爪にできるものは、末端黒子型黒色腫といいます。黒くみえることが多いですが、茶色や褐色、赤いものがみられることもあります。40歳から50歳に好発し、放っておくと、爪が割れたり、爪だけでなく周りに黒いシミが染み出してきたり、潰瘍になったりする場合があります。

メラノーマは、悪性度が非常に高く、死亡率の高いがんといわれます。しかし皮膚表面から見えるがんであるため、普段から爪を観察していれば早くに発見・治療開始することが可能です。爪が黒ずんでいると感じたら、自己判断せずに皮膚科での診断を受けることをおすすめします。

メラノーマと通常のホクロの違いなど、さらに詳しく知りたい方は「このほくろは大丈夫?悪性黒色腫(メラノーマ)にまつわる話、ウソ・本当」をご参照ください。

爪が変色した時の対処法

検査が必要

水虫、緑膿菌などによる感染症、メラノーマを疑った場合は皮膚科を受診します。

爪が黒ずんでいたとしても、必ずしもメラノーマであるとは限りません。ホクロや内出血の可能性も十分にあります。そのため、まずはダーモスコープという拡大鏡を用いて診察を行います。メラノーマは抗がん剤や放射線治療が効きにくいため、手術での治療が基本となります。

爪が白くなる爪白癬は、軽度であれば塗り薬での治療を行います。しかし爪が黄色くなったり分厚くなったりした場合、飲み薬での治療を行うことが多いです。自己判断で市販薬を使わず、皮膚科で治療を受けると良いでしょう。

爪が緑色にかわる緑膿菌感染症の場合も、皮膚科を受診します。これはグリーンネイルとも呼ばれます。緑膿菌はどこにでもいる常在菌の一種ですが、ジェルネイルなどが剥がれかけた時にその隙間から水が入り、緑膿菌が繁殖しやすくなることがあります。ほとんどの場合は外用薬などを使わずとも治ります。グリーンネイルがみられる間はネイルやマニキュアの使用は控え、患部を乾燥させて回復に務めるようにしてください。

 

爪の色に変化がみられても、皮膚科で対応する病気ではない場合があります。上記以外の病気を疑った場合は、内科などで全身の病気を調べることをおすすめします。

まとめ

いつも見ている自分の爪ですから、本来ならば異変に気付くのは比較的早いはずです。そのうち治るだろうと放って置くのではなく、気づき次第、皮膚科や内科で相談することをおすすめします。

また、爪白癬やグリーンネイルは爪を清潔にしていないために起こります。湿気で蒸れることがないようにしましょう。特に、ジェルネイルなどをしている方は要注意です。

 

関連記事

巻き爪・陥入爪の原因と予防法2つ!

爪の表面がでこぼこに…その原因と改善方法とは

あなたの足は大丈夫!? 足裏スキンケアで水虫を予防しよう!

繰り返す水虫…完治への方法5つ

参照リンク

公益社団法人 日本皮膚科学会|皮膚科Q&A

徳島県医師会|【質問】 白く分厚い爪 治らない

中野区医師会|爪の病気、爪と健康について

武田薬品工業株式会社 タケダ健康サイト|爪の異常について

兵庫県医師会|中指の爪に黒い線・・・どう対応?

大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学|レイノー現象とは

難病情報センター|アジソン病(指定難病83)