胸が痛い(胸痛)時の5つの症状と考えられる病気

胸が痛い(胸痛)という症状を起こす原因としては、心臓、血管、肺、胸膜、骨、神経、筋肉、消化器など、様々な病気が考えられます。一般的には、心臓や肺に関わることが多いので、循環器科あるいは呼吸器科を受診すると良いでしょう。ただし、中には見逃すと命に関わる緊張性気胸、急性冠症候群、大動脈解離、肺塞栓症、食道破裂などの病気がありますので、注意が必要です。自分の症状がどのような病気の可能性があるのかを知るための症状の分類を、医師・安田 洋先生による監修記事で解説していきます。

胸痛の5つの症状

胸の痛みの原因を知るためには、下記の各項目に従って、症状を正確に分けて伝えることが重要です。

1.どのような痛みか:

刺すような痛み/鈍い痛み/圧迫されるような痛み/締め付けるような痛み

2.どこが痛いか:

左胸部/前胸部/背部/首や肩に放散/局所的

3.どのくらい持続しているか:

瞬間的/数分/数時間かそれ以上

4.どのような時に痛むか:

動いた時/安静時/体位を変えた時/呼吸との関係/食事との関係

5.他の症状:

呼吸困難/発熱/冷汗/吐き気/おう吐

胸痛の症状から考えられる病気一覧

胸痛は、心臓、血管、肺、胸膜、神経・筋肉・骨、消化器、心因性など様々な原因が考えられます。日本呼吸器学会の情報をもとに特徴的な症状と考えられる病気をまとめました。

考えられる病気 特徴的な症状
心臓や大血管の病気 狭心症 胸部中央から左側にかけて締めつけられる感じや圧迫感
数分で痛みが消失
大動脈解離 突然の引き裂かれるような激痛
亀裂が進むと、胸部から頸部、咽頭、下顎、背部、腹部へと痛みが移動
肺や胸膜の病気 気胸 突然の胸痛、息苦しさや呼吸困難
肺の一部が敗れて肺が縮んだ状態
急性肺血栓塞栓症 足や骨盤内の静脈に血栓(血液の塊)ができて、肺の血管を塞ぐことによって起こる
飛行機の利用が原因で起こる血栓塞栓症をロングフライト血栓症(エコノミークラス症候群)と呼ぶ
胸膜炎・膿胸 細菌感染が原因
発熱・悪寒を伴う
神経・筋肉・骨の症状 肋骨骨折 外傷、過度の運動、激しい咳によって肋骨が折れたり、ひびが入ったりする
深呼吸や咳、押した時に痛みが増強
帯状疱疹 水ぶくれのある発疹が、肋骨の内側の肋間神経に一致して帯状に広がる
鋭く激しい痛み
悪性腫瘍 腫瘍が胸壁まで浸透すると、持続性の強い痛みが出る
消化器の病気 逆流性食道炎 胸骨の真ん中辺りの胸痛で、嚥下困難や胸焼けの症状を伴う
腹部臓器の病気 急性膵炎、胆嚢疾患などでも胸部に痛みが放散することがある
心因性によるもの 心臓神経症 検査では何も異常がないが、精神的負荷がかかったときに胸痛を感じる
過換気症候群でも同様の症状がみられる

出典:日本呼吸器学会を参考にいしゃまち編集部作成

まとめ

胸痛は、痛みの種類、部位、継続時間、時、他の症状といった様々な状態によって、心臓、血管、肺、胸膜、神経・筋肉・骨、消化器、心因性など多様な病気の原因が考えられます。循環器、呼吸器科を受診する際には、具体的な症状を5つに分けて明確に医師に伝えることで、正確な診断に繋がります。

胸に痛みが…肋間神経痛の症状と原因

参照リンク日本呼吸器学会|急に胸が痛くなり続いています。心臓や肺の病気でしょうか?