お腹が痛い…腹痛の3タイプと痛みの部位ごと対処法

多くの日本人が悩まされている腹痛。重要な会議や朝急いでいるときに限って、お腹が痛くなってしまうという人も少なくないのではないでしょうか。今回は腹痛の3つのタイプとお腹が痛いときの部位ごとの対処法を、医学博士・高山 哲朗先生の監修記事でご紹介します。

腹痛の3つの基本要素

腹痛には大きく分けて内臓痛、体性痛、関連痛の3つがあります。通常はまず内臓痛が起こり、徐々に体性痛や関連痛も感じるようになります。

内臓痛

内臓痛は胃、腸、尿管、胆嚢などの「管腔臓器」が無理やり伸びたり、強く縮んだりした時に起こる痛みです。きりきりとうずくような痛みが一定の時間をおいて繰り返し起こるのが特徴で、疝痛(せんつう)と呼ばれます。内臓痛は吐き気や嘔吐、顔面蒼白、冷や汗などの症状を伴うこともあり、痛みの場所は漠然としています。

体性痛

体性痛は突き刺すように鋭く、内臓痛より強い痛みが長く(30分以上)続くのが特徴です。痛む場所ははっきりしていて、炎症を起こしている場所を押すと強く痛みます。体を動かすことで痛みが増すことが多いです。特に、歩くと「ひびく」ことがあります。

また、体性痛は自然に治まらず、手術が必要になることが多いのが特徴です。

関連痛

関連痛は炎症を起こしている部分の刺激があまりにも強いときに、隣接する神経線維を刺激することによって別の部位に起こる痛みです。腹部以外にも生じることがあり、放散痛と呼ばれています。痛みの原因となる臓器によって、関連痛の場所がある程度決まっています。

痛みを感じる部位ごとに考えられる病気

お腹の病気には緊急の治療や処置が必要な重大な病気が数多くあります。今まで経験したことのない痛みや普段の腹痛と異なる痛みの場合は、なるべく早くかかりつけ医に診断してもらいましょう。ここでは腹痛の部位とその他の症状から考えられる病気をご紹介します。

みぞおちが痛い(急性的)

みぞおちが痛む(急性,軽度~中等度の痛み)
症状など 考えられる病気 対応
・食べ物を飲み込むと痛い。
・胸やけがする。
胃炎,胃・食道逆流症(逆流性食道炎を含む),食道裂孔ヘルニア ・翌日医師に相談
・吐き気や嘔吐の症状がある。
・発熱はない。
・ストレス状態が続いている。
・鎮痛薬を連用している。
・刺激の強い嗜好品を愛飲している。
急性胃炎 ・翌日医師に相談
・消化の良い流動食にする
・肉類、アルコール、コーヒーを避ける
・吐き気や嘔吐の症状がある。 急性虫唾炎(初期),急性胆嚢炎 ・ただちに医師に相談
・指示があるまでは絶食
・多量の飲酒
・軽い吐き気
・背中の痛み
・前かがみになると楽になる。
・全身倦怠感がある。
・大酒飲み
急性膵炎 ・当日医師の診断を受ける
・指示があるまでは絶食
・焼けるような痛みと吐き気 心筋梗塞 ・救急車で病院に
出典:第6版家庭の医学をもとに、いしゃまち編集部作成

この中でも、虫垂炎は特に初期には診断がつきにくい疾患です。虫垂炎は手術になることもあるため、外科医がいれば日中ならば必ず診察をしてもらいましょう。また、夜間当直体制の場合でも必ず一声かけておかねばならない疾患です。破裂して腹膜炎になり緊急手術となることもありますし、腹膜炎となると命に関わることもあるからです。

胆嚢炎や膵炎は、良性疾患(がんではない疾患)ですが重症化すると命に関わるため、入院が必要となります。

みぞおちが痛い(慢性的)

みぞおちが痛む(慢性,定期的にうずく痛み,持続痛)
症状ほか 考えられる病気 対応
・早朝の空腹時・食後に痛みを感じる
・軽い吐き気
慢性胃炎,機能性ディスペプシア ・念のため医師に相談
・軽い吐き気
・腰や背中の痛み
・吐血がある
・中高年である
胃・十二指腸潰瘍 ・医師に相談(特に、吐血がある場合はただちに消化器内科医に相談のうえ、入院・緊急で胃カメラによる検査)
・体重の減少
・鈍痛
・食欲不振
胃がん ・消化器内科医に相談のうえ、検査・入院
・全身倦怠感
・軽い吐き気
・食欲不振
・黄疸に伴う鈍い痛み
肝炎肝臓がん ・ただちに受診し、入院
・痛みが3か月以上継続、繰り返す
・軽い吐き気
・背中の痛み
・前かがみになると楽
・全身倦怠感
・大酒飲み
慢性膵炎 ・念のため医師に相談
・痛みが強い場合はただちに受診
出典:第6版家庭の医学をもとに、いしゃまち編集部作成

 

わき腹が痛い

わき腹が痛む
部位 症状ほか 考えられる病気 対応
右上腹部 ・軽い吐き気と嘔吐
・発熱がある
・黄疸
胆嚢炎 ・ただちに医師に相談、入院
・突然の痛み
・吐き気と嘔吐
・右肩へかけての痛み
・油物を食べると悪化する
胆石症 ・医師に相談
・痛みが出ている場合には、入院治療を要することもある
その他 ・慢性的に繰り返すうずく痛み
・血尿がみられる
・軽い吐き気・嘔吐
・発熱がある
・背中の痛み
・たたくとひびく
・歩くとひびく
尿路結石 ・ただちに泌尿器科医に相談(血尿がある場合は特に)
・突然、左側腹部に痛みを感じる
・下血がみられる
・吐き気や嘔吐を伴うこともある
虚血性大腸炎
※ただし、症状は左に限定されない
・ただちに受診
・絶食、入院が必要
・軽度から中等度の間欠的な痛み
・排便により軽快
慢性便秘症 ・体を動かす
・規則的な食事と排便習慣をつける
・繊維の多い食品を食べる
・医師に相談
出典:第6版家庭の医学をもとに、いしゃまち編集部作成

 

下腹部恥骨上部が痛い

下腹部が痛む
部位・性別 症状ほか 考えられる病気 対応
右下腹部 ・突然発症
・吐き気・嘔吐から発症
・痛みは時間とともに強くなる
虫唾炎,上行結腸憩室炎 ・医師に相談
・虫垂炎の場合、入院が必要になることも
・鈍痛
・便秘
・軽い発熱があることも
移動性盲腸 ・便が出ないときは医師に相談し浣腸
左下腹部 ・下痢を伴ううずく痛み S状結腸憩室炎 ・医師に相談
・発熱がある
・突然発症
・慢性的なうずく痛み
・下痢
・軽い吐き気・嘔吐
急性腸炎,慢性腸炎 ・医師に相談
・水分を十分に補給
・食事は消化の良いもの
・生卵を食べた後の突然の発症 特にサルモネラ食中毒 ・当日医師に相談
・粘血便性の下痢 特に腸管出血性大腸菌,O157,食中毒,赤痢 ・当日に医師に相談
・粘血便
・反復性の下痢
潰瘍性大腸炎 ・早急に消化器内科医(できれば炎症性腸疾患を専門とする医師)に相談
・下痢と便秘を交互に繰り返す
・排便により軽快
過敏性腸症候群 ・医師に相談
・血便,下痢,便秘を繰り返す
・重度の便秘が続く
・中高年に多い
大腸がん ・ただちに医師に相談
下腹部全体 ・突然の血尿,うずく痛み,冷や汗,嘔吐 尿路結石 ・ただちに医師に相談、入院
・頻尿
・排尿有痛
・血尿
膀胱炎 ・医師に相談
・初めに血尿の症状がみられる
・排尿痛
・排尿障害
・男性に多い
膀胱腫瘍 ・翌日医師に相談
・泌尿器科医を受診
女性 ・発熱がある
・吐き気・嘔吐
・おりものの増加
子宮付属器炎 ・婦人科を受診
・悪寒,ふるえを伴う
・発熱がある
・嘔吐
・激しい下腹部痛
骨盤腹膜炎 ・至急婦人科を受診
・月経開始数日前から月経2日目までの持続性の月経痛
・月経1日目に最も痛む
子宮内膜症 ・念のため産婦人科を受診
・運動や性交後の突然の出血 卵巣出血 ・ただちに婦人科を受診
男性 頻尿
・排尿有痛
・血尿排尿痛
前立腺炎 ・泌尿器科を受診
出典:第6版家庭の医学をもとに、いしゃまち編集部作成

 

まとめ

出血をともなう場合、強い痛みの場合はただちに受診しましょう。多くの場合、入院を必要とします。

腹痛といっても、お腹には多くの臓器があるため診断が難しいこともあります。しっかりと検査を受けることが必要です。

お腹の痛みには重大な病気も多くありますので、急激な痛みや普段感じない痛みを感じた場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。

 

慢性的にお腹が痛い…それって実は病気かも?

参考文献【新赤本】第六版 家庭の医学
家庭医学大辞典
病気が見えるvol.1